×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップイメージ

美容整形には自家組織とシリコンがある。

鼻を高くするための隆鼻術、整形のことです。インプラントによる鼻を高くする整形があるわけですが、この方法って入れ替えをすることも可能なんだそうです。

つまりインプラントを入れて、なんだか気に入らなかったら、入れてるインプラントを出して、新たなインプラントを入れるっていう方法ですね。

スポンサードリンク

コンビネーション・プロテーゼ法というそうです。ここがヒアルロン酸注入とは違う点なんだと思います。

http://www.ritz-cs.com/top/ope/nose/01.html

こちらでその詳細がのべられています。インプラントが気に入らないというか不具合なことっていう例がありまして、鼻がグラグラしたり、おそらく異物感があるっていうことなんでしょう。

インプラントは人工の軟骨なわけですから、なんだかの不具合が起きてしまう可能性も否定できないわけですよね。だから、整形を怖がる人がおおいのだと思います。そこは、しっかりと美容整形の先生に相談してから手術など行うようにしたいものですね。

また鼻を高くする整形に用いられる素材についての解説もされています。それぞれメリット・デメリットがあるようで、まあなんでもいいとこ悪いとこがあるもんですね。

素材には自家組織とシリコンがあるそうです。シリコンというとドラマや映画なんかでもよく登場しますよね。胸にシリコン入れたとかなんとか。シリコンは美容整形の正解ではメジャーな存在のようです。

自家組織って、つまりは、自分自身の骨とか皮膚なんかを用いるようです。この自家組織なら、もともと自分の身体にあったものなわけですから、適応性はいいはずですよね。でも、いろいろと不都合なときもあるようで、この自家組織は美容整形のときには、限定的な用いられ方をするそうです。

ベストなのは、自家組織で、しかも入れ替えが効いたりすることだと思うんですが、そうは問屋がおろさないといったところでしょうか。

▲top

サイトMENU

Copyright (C)2008 鼻を高くする方法は?. All Rights Reserved.