×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップイメージ

鼻を高くしたいクライアントとの会話を妄想

鼻を高くするシリコンにはI型、中間型、L型とあるそうです。他にも固さにランクがあるそうです。これだけでも、シリコンの歴史の長さを実感できますよね。で、さらに長さを変えたりすることもするそうです。こうなると、ほとんどオーダーメート整形っていう感覚でしょうか。

スポンサードリンク

このシリコンの柔軟性によって、お店?病院に芸能人やモデルの写真をもっていって「こういう感じにしてください」っていうアプローチが通用するんでしょう。実際、こういった要望を受け付けてる美容整形外科がたくさんあるのかどうかわかりませんが。でも、美容整形したいっていう人は、テレビなどで、きれいな芸能人やタレントを見て、「ああ、私もああなりたい」って憧れるわけですよね。

だから、美容整形外科に自分の希望を伝えるときには、芸能人の写真をもっていって、こんな感じに仕上げてくださる?って伝えれば、イメージを共有できて早いわけです。

あとは美容整形外科の先生と、整形を受ける患者(とはいわないか)が、自分にあった整形イメージを模索していくという過程があるのでしょう。

たぶんコンピュータを使って、手術前と手術後のイメージ画像をだして、話し合うってことがされているのでしょうね。

「鼻を高くしたいんです。」
「たとえば、芸能人でいうと?」
「○○です。」
「ああ、なるほど。あんな感じですね・・・」
「でしたら、こういうプランがありますが」

といった感じでカウンセリングをしているのではないかっていう妄想が浮かびました。

鼻を高くすることで、人の顔の印象って、かなり変ってくると思うんです。日本では、きっと美容整形は、まだまだ浸透していないのでしょうから、なるべく美容整形したことは、隠しておきたいわけです。といっても、いきなり顔が変ったら、どうしても聞かれたりしますよね。そんなとき、どう対応するか。そのあたりも美容整形外科ではアドバイスしてくださるのでしょうか。

▲top

サイトMENU

Copyright (C)2008 鼻を高くする方法は?. All Rights Reserved.